【特集】医療関連企業レポート 3

株式会社プロアート

 

高品質の歯科模型を京都から
ハイインパクトを生み出す課題と
ニーズに着目した模型の創造

製造業が次々と海外に生産拠点を移す中、京都に本社を置く歯科模型製造企業である株式会社プロアートは国内生産の可能性にこだわり、純国産の高品質でアイデアのある製品を造り出している。企業理念に掲げる「安心」「安定」「信頼」この徹底した顧客主義は、細やかな対応が可能な国内生産でしか実現し得ないと代表の藤本氏は語る。
 

歯科模型の革命

「歯科模型に求めるものを尋ねると『精密な再現性』『妥協のない模型』という意見を多く耳にします。本物の骨や歯肉の再現性を高めることにより、『治療前に高い精度で事前にシミュレーションができる』『治療説明が確実になった』『教育の場で精密な実習が可能になった』など高い評価を頂けるようになりました。
ユーザー様との意見交換から新たなコンセプトを生み出し製品の開発に反映、そして熟練した職人が丁寧に作り上げる、地場の潜在能力を最大限生かす独自の製造システムを構築してきました。厳しい品質基準を設け、海外生産に妥協せず、大量生産に走らず、オンリーワンの歯科模型製作というスタイルを確立し成果を上げております」
 

その想像は明日の創造

「歯科業界の現状を踏まえ、今後重要な点は、やはり『教育』だと感じています。今後は模型の提供とともに、模型を用いた教育の場の提供も考えております。歯科関連企業等との連携強化に努め、よりよい明日を想像し、造り出していきたいです」
 

本質を失わない経営思想

「治療前領域の歯科模型事業とともに、2006年にスタートした治療領域である歯科技工事業でも、最新技術のCAD/CAMをシステム導入するなど最大限の努力を傾注しております。私達は歯科に関わる全ての方の幸せをトータルに支える存在を目指しております」

創造の連鎖が生む可能性。これこそ技術をさらに高いレベルへひき上げる力の源なのだろう。

Categories: 特集

Tags: ,

Leave A Reply

Your email address will not be published.