夏バテと養生の大切さ

梅雨頃から増えてくる胃腸の不調を訴える相談。それとこれからは、食事のとり方や空調の効かせすぎなどによる夏バテが出てきます。今回はこの夏バテを町の薬屋さんの視線で考えてみます。

冷たいものの取りすぎによる夏バテ

夏バテを起こす要因はいくつかありますが、まず多いのが冷たいものの取りすぎ。「生冷過食」といって養生法で戒められているものの一つです。ではどれくらいが冷たいかというと、体温である37℃以下は冷たいということになります。
人間は恒温動物ですから、体温を下げると生命活動が鈍るということになります。冷蔵庫で冷やしたものは4~7℃ですから、これを口や胃に入れると体はまずこれで冷やされた部分を温める活動を起こします。この時血流は胃腸を中心に流れるようになり、この時に起こる皮膚の反応が俗にいう「鳥肌」になります。消化吸収するにしても内容物を37℃にする必要があるので冷たいものを胃に入れたりするとずいぶんなエネルギーを取られることになります。
また、胃に入れたものの温度が上がらないと消化酵素の働きも鈍くなります。人が消化酵素として使うものは至適温度というものがあり、最適な温度環境において酵素の働きが十分に出るようになっていますが、これが1度でも下がった状況になると酵素の働きはかなり低下します。こうなると、体全体の新陳代謝が乱されてしまいます。これも夏バテの原因になります。

栄養価の高い食べ物の注意。東洋医学の食毒の解毒という観点から。

それと、食べるものについても注意が必要です。夏場は普通の食材なら傷むのが早くなります。特に栄養価の高いタンパク質や糖質を含むものは傷みやすくなります。これは温度と湿度による影響が大きいわけですが、人間の消化管中はこの温度と湿度が通常は熱帯と同じぐらいの環境です。この状態に栄養価の高い食物を置いておいたらどうなるか? すぐ腐ります。ということはこの時期外の環境でも傷みやすく、体に入れたらなお傷むということで胃や肝臓、免疫系の「食毒」「腐敗毒」に対しての機能はフル回転していることになります。これも相当にエネルギーを消費します。

水毒という観点から

また水分も取りすぎると大変です。まず、先に述べた温度の問題があります。また、水は体の中ではいろいろと加工を受けて「体液」という「結合水」の形にならないと毒になります。これを処理しなくてはいけません。気温の上昇で体温が上がりやすくなり、その分発汗が盛んになってエネルギーを消費しますが、これの置き換えにエネルギーを使って「体液」を作る必要もあるので、やはり疲れやすくなります。
体温より高くて、体液に近いものを取ることが大切です。スイカなどは非常にこのあたりがよいので、冷やしすぎに注意しながら渇きを潤すために使うことは非常におすすめです。

夏バテ以外にも

「生冷過食」。動物の中で冷蔵庫を使って食物を保存し、それを利用するだけでなく、冷たい刺激を好むという嗜好を持つようになったのは人間ぐらいでしょう。
でも、養生的にいえば「おなかを冷やさない」というのは基本中の基本です。養生に詳しいある薬剤師の先生にお聞きしたところ「もともと胃腸機能に悪影響を与える湿気の多い日本で長生きするためにはおなかを冷やさない事が養生の基本中の基本」といわれています。冷たいもの(ここで言われているのは井戸水や生水)を多飲しないことや、ぬか漬けをはじめとした植物の発酵食品を日常的に食べることで腸内の細菌バランスを改善し、善玉菌の「発酵熱」を利用しておなかを中から温めるということもしてきたそうです。確かに、自分の手で下腹を触ってみて冷たいという方は便秘や下痢が多く、中まで冷えているという方は味噌汁や大豆の発酵食品、漬物などをあまり食べていない方が多いです。
喫茶店に行けばとりあえず氷水、外食に行けばとりあえずビール、冷たい烏龍茶ではおなかは冷やしすぎになるのでしょう。でもそれ以上に怖いのは、「冷たいものをおなかに入れてもお腹をこわさない」人の出現だと思います。冷たさに慣れて、悪いものを体の外に出すという防衛反応すらおかしくなっている方が増えているのではないかと思います。

Categories: くすり

Tags: ,,

Leave A Reply

Your email address will not be published.