歯は予防が重要 ―歯のメインテナンスに行きましょう―

皆さんこんにちは。残暑が厳しい毎日ですが、お元気でお過ごしでしょうか?
夏の疲れが出てくる今日この頃、歯の方もなんとなく調子が悪いなという方も多くいらっしゃるのではと思います。 さて今回はメインテナンスについてお話をさせていただきたいと思います。
皆さんは歯のメインテナンスをしっかりとされていますか?
私は、勤務している「ゲンズデンタルオフィス」でオープニングスタッフとして開業当初から、20年以上働かせていただいております。
ずっとこちらでメンテナンスをさせていただいておりますが、その当時というのは、メインテナンスを充実させている歯科医院は、非常に少なくて、ましてやPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)を導入している歯科医院は、ほとんどなかったと記憶しております。

PMTCとは専門家が器具や器械を使って歯と歯の間をクリーニングすることです。スウェーデン イエテボリ大学のアクセルソン博士が、PMTCを提唱して30年以上がたちました。

アクセルソン博士が掲げる、歯の予防におけるキーリスクポイントは、歯と歯の間の隣接面が鍵だと言われております。もちろん個々におけるリスクはあるものの、PMTCを行うことで、97.7%の確立で歯が守れると30年の臨床研究から立証されました。
ゲンズデンタルオフィスは、平成4年開業当初からこのPMTCを導入し、現在に至っております。

開業当初からPMTCによるメンテナンスをされていらっしゃる患者さんと、あまりメインテンスにいらしてない患者さんとでは、現在雲泥の差が出てきております。
当時お会いしたときには、20~30代だった患者さんで、このまま歯のメンテナンスをおろそかにしていたら、数年後歯を徐々に失ってしまうのではという方、お年の割に歯の年齢がすごく老けている方などが、一生懸命メンテナンスを継続的に通院され、そしてご自身でもきちんとしたセルフケアをされてきた患者さんは、今では歯の年齢、口腔内の年齢がとてもいい状態を保たれています。実際の年齢は60歳なのに、マイナス20歳の40代くらいの歯の年齢の方も多くいらっしゃいます。
逆に、まったく歯のメインテナンスをされていない方は見る見るうちに、虫歯は増え、歯周病に悩まされている方もいらっしゃいます。日本においてのメインテナンス率は、全国で数%という驚きの調査結果もあるほどです。とても残念に思います。

もっと早く来てくだされば、歯を守ることができたのにと思うこともしばしばあります。
でも患者さんにとっては、歯医者に行くことはとても勇気のいることだと思います。患者さん自身もこのままではいけないとわかっているのに、怖い、痛い、音がいや、以前とても嫌な思いをした、などさまざまな理由からなかなか受診できないと言った声もよく耳にします。
そのようなことから歯医者にはいかずそのままにしておいたり、メインテナンスもおろそかになったりと足が遠のいてしまうわけです。
しかし想像してみてください。将来自分の歯でいつまでも美しく、若々しい口元、素敵な笑顔、そして身体も健康でいたくありませんか?そう誰もが望まれていることだと思います。

虫歯にならないように、歯周病にならないようにと思ってもなかなか自分でケアをすることは大変ですよね。ましてや痛くないと大丈夫だと思ってしまいがちですが、自分では気が付かない虫歯や歯周病が進行していることもあるのです。ですから、定期的にプロにクリーニングをしてもらい、早めに治療をすることによって歯の健康を維持することができるのです。
私の患者さんは、みなさんとても楽しみにメインテナンスに来ていただいています。さっぱりした~とか気持ちがよくなった~とか、早くに虫歯を発見してもらい、大事に至らずに済んだとか喜びのお声を頂きます。また次回の約束事をすることで、モチベーションが上がると言っていただける方ももいらっしゃいます。
また、私はいつも口腔内だけの状況だけではなく、顔色や、体の健康状態のこと、生活環境の変化、精神的なストレスがたまってないかなど、さまざまな方向から拝見し、患者さんのケアをさせていただいています。患者さんとのコミュニケーションがとても大切なのです。

そしてもう一つ患者さんがメインテナンスに来ていただく上で、歯科衛生士として重要なことは、常に新しい情報、知識を患者さんに提供するということです。
例えば、全身と口腔との関わりや審美治療、インプラント治療なども正しい情報、知識を知らない方もいらっしゃいます。メインテナンスで汚れを落とし、歯の健康を保つというのはもちろん重要ですが、それ以外にも、様々な情報を提供して差し上げる事で、患者さんの本当の意味での健康へと繋がっていくと確信しております。このような総合的なメインテナンスをする事によって、全身健康へと繋がっていると思います。
私も常に、患者さんが次回のメインテナンスを楽しみに来院していただけるようなクリーニングを提供できるように心がけています。患者さんが喜んでくださる姿を拝見していると私もとっても幸せな気持ちになるのです。

是非、このコラムを読んでいただいた皆さん、次に歯医者さんにいく時に、先生や歯科衛生士さん、歯科助手さん達と少しお話されてみてください。
いろいろなお話が聞けると思いますよ。
また、メインテナンスや検診に行かれてください。
見えない所で、虫歯や歯周病が進行しているかもしれません。
かかりつけのお医者さんがあるように、皆さんのことをしっかりみてくれる、かかりつけの歯医者さんを見つけてください。
そこでやられるクリーニングは最高に気持ちがいいものですよ。
生涯ご自身の歯で、食事を味わっておいしく楽しく食べることは、身体的にも精神的にも重要な要素であり、生活の質(QOL)の向上を図る上でとても大切なのです。

Categories: 歯科

Tags: ,

Leave A Reply

Your email address will not be published.