【リポート】ユニバーサルツーリズム促進の担い手。 株式会社エイチ・アイ・エス(H.I.S.)バリアフリートラベルデスク3

企業が社会に対して責任を果たし、社会とともに発展していくための
活動=CSR(Corporate Social Responsibility・社会的責任)活動。
H.I.S.のCSR活動をご紹介します。

 「旅を通して、いろいろな社会的課題を解決していくことが使命と考えています」と伴流所長は話す。
 「ツーリズムを通じて、世界の人々の見解を高め、国籍、人種、文化、宗教などを越え、世界平和・相互理解の促進に貢献する」ことを企業理念として、旅行業が果たす社会的使命とその意義を明確し、CSR活動を推進している。
 中でも、力を入れているのが「スタディツアー」の取り組みだ。発展途上国の社会・環境問題について考え、実際に目でみて感じ、学ぶ体験型プログラムである。
 バリ島の南部にセランガン島という美しい島があるが、1996年に埋立事業が行われ、島の面積は112ヘクタールから365ヘクタールに拡大すると、島の地形や生態系が大きく変化してしまった。埋立事業とゴミの影響で、マングローブ林やサンゴ礁が破壊され、住民の生活環境や経済基盤は大きく揺らいでいる。サンゴ礁の再生など環境保全活動を行うセランガン村の住民との交流を通じて、環境問題とその解決策を考えようと、現地へのツアーが企画された。まさに旅行業ならではの取り組みだ。
 その他、環境助成にも取り組んでいる。その一つが「カーボンオフセット」への呼びかけ。飛行機から排出される二酸化炭素(カーボン)を、他の場所で行われる二酸化炭素削減活動に投資することで埋め合わせ(オフセット)する、とういうもの。1口525円をお願いし、集まった資金は、インドのバイオマスガスの開発に利用される。 多岐にわたるCSR活動に、旅行業に携わるH.I.S.の社会的役割の大きさを感じた。

 

長時間に及んだ取材の最後に、伴流所長はこう結んだ。「世界平和と相互理解、旅行業には、大きな社会的役割と使命があります。持続可能なよりよい未来をつくるために、社会に革新を起こし、社会的価値の創造を積極的に押し進めてまいりたいと思います」

 H.I.S. バリアフリートラベルデスクの『ひとりでも多くの方が、いつでもどこへでも自由に、旅の感動や喜びを体験できるように』旅を企画する事業が、高齢者や障がいのある人々に旅のチャンスを広げてくれることを、大いに期待しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社 エイチ・アイ・エス トラベルワンダーランド新宿本社
バリアフリートラベル専門デスク

TEL.03(5360)4761/FAX.03(5360)4733
ホームページ:http://www.his-barrierfree.com
エイチ・アイ・エス ホームページ:http://www.his-j.com/Default.aspx
Email:t-barrierfree@his-world.com
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-33-8 サウスゲート新宿ビル 1F
営業時間
平 日 10:00〜18:30
土曜日 11:00〜18:30
日曜日・祝日 11:00〜18:00

Categories: 介護

Tags: ,,

Leave A Reply

Your email address will not be published.