金 哲彦氏 講演会「走ることは生きる証」開催に向けて

本講演会へ、ご理解とご協力をお願いいたします。

 平成6年11月に第1回を開催してから、講演会は15回を数えます。これまで多くの方々のご支援を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。
 NPO法人をはじめとするスーリエスグループは『支えたい未来がある』を社是とし、地域社会に何等かの貢献ができればと活動してまいりました。今回は、主催者に「一般社団法人いのち輝く未来財団」を加え、ここにご案内する内容で開催することになりました。これまで、日本を含めてアジアの子ども達を支援してまいりました活動は、現在は日本の中・高校生10人に毎月1万円、年間計120万円の奨学金を支給する活動として続いております。
 複雑化した社会構造は企業間格差を生じさせ、リストラ等による貧富の拡大を招き、それを一因とする離婚率の増大を招いています。多くの子ども達が、その犠牲になっています。
「生きる」ということはどういうことだろう。多くの方々がこのテーマに向き合いながら生きていると思います。「生きる」ことの大事さを私達は子ども達に伝える義務があると思います。
 私たちグループは、私達が活動している地域の、千葉県の、日本の、世界の将来を背負う子ども達が健全に育つことを願っています。
 私たちの活動にご理解をいただき、ご協力いただけますよう、心よりお願い申し上げます。

 

平成26年1月

NPO法人アジアの子ども達を支援する会
NPO法人千葉開業支援センター
スリーエスグループ
代表 前原 東二

 

定期講演会 『走る事は生きる証』

 マラソン指導者・解説者として活躍中に突然宣告された大腸がんを、闘病のすえ見事に克服された金哲彦氏。現在、「NPO法人ニッポンランナーズ」代表、屈指のランニングアドバイサー、またマラソン大会プロデューサー、解説者、日本陸連強化部長などとして、幅広く活躍されています。
 その金哲彦氏に『走ることは生きる証』と題してご講演いただきます。
 市民ランナーはもちろん、これからランニングを始めようとする人、マラソン挑戦を目指すランナーなどへの、アドバイスも盛り込まれています。
自身がランナー、そして多くの有名ランナーを育てた指導者・解説者の「真の声」をぜひ、お聞きください。

日 程  2014年3月24日(月)
時 間  13:30開場 14:00開演 15:30終演
入場料  大人 1,500円 高校生以下 500円
会 場  千葉市民会館 大ホール 043-202-0800
      千葉市中央区要町1-1 (JR千葉駅徒歩7分)
問合せ  事務局 043-221-0512 (鎌形・長谷川)
● 定期講演会ホームページ
詳しくはこちらへ

主 催:NPO法人アジアの子ども達を支援する会
    NPO法人千葉開業支援センター
    一般財団法人いのち輝く未来財団
後 援:公認会計士前原事務所
    (株)スリーエス
    (株)スリーエスコンサルティング
    (株)CICパートナーズ

 

金哲彦氏 プロフィール
1964年、福岡県北九州市生まれ。中学から陸上競技を始める。早稲田大学1年生で箱根駅伝5区に抜擢され、驚異的な走りで注目を集めた。1985には同じ5区で新記録を樹立、早稲田の2連覇に貢献。1986年リクルート入社、ランニングクラブを設立。1987年、別大マラソン3位。 1989年、東京国際マラソン3位。
1992年より、小出義雄監督が率いるクラブのコーチに就任、有森裕子など多くのオリンピック選手を指導する。2002年、NPO法人ニッポンランナーズを創設、理事長に就任。2011年からエディオン女子陸上競技部ゼネラルマネージャー。新しいスポーツ文化構想の推進に尽力する一方、テレビ・ラジオで駅伝やマラソンなどの解説者として活躍中。

Categories: オピニオン

Tags:

Leave A Reply

Your email address will not be published.