インプラントを長持ちさせるために

インプラント体自体も日々研究を重ねて改良され進化していますので、その残存率は飛躍的に伸びているのが現状です。しかし、過去のデータは、未来の個人の症例に当てはまるものではありません。治療後の清掃状態、咬み合わせなどによって、インプラント治療の未来は大きく影響されます。日頃のお手入れや定期健診など、患者様自身のケアをしっかりと行い、長く快適にインプラントを使っていけるようにしましょう。

インプラントは材質的に100%虫歯になる心配はありません。
そういった点では天然の歯より安心できるかもしれません。しかし、残念なことに途中で使えなくなってしまうケースがあります。最も多い原因は、歯周病です。歯周病原因菌に対する抵抗性は天然歯よりも弱く、炎症の悪化スピードも急速に進行してしまいます。
詳しくはこちらで解説をしております。

ですから、たとえインプラントといえど、手入れの仕方が悪ければ除去しなければならない可能性もあるわけです。
せっかく手に入れた新しい歯。その寿命は天然歯同様、ご自身に委ねられる部分が大きいのです。 生涯にわたって快適な生活を持続するために、毎日のお手入れを必ず欠かさず行って下さい。

そしてもう一つ重要なのが、定期健診です。 ご自宅の歯磨きではすみずみまできちんと磨いているつもりでも、どうしても磨き残しが生じ、プラーク(歯垢)が溜まってしまうものです。そんな磨き残しを取り除くため、定期的に来院していただき、プロフェッショナルケアを受けていただきます。さらに、これに加え、インプラントや歯肉の状態、噛み合わせなどのチェックなども定期的に検診します。それがインプラント治療を長持ちさせる秘訣です。

Categories: 歯科

Tags: ,

Leave A Reply

Your email address will not be published.