インプラント長持ちの秘訣は正しいメインテナンス

インプラントを入れ、骨と良好に結合したとしても、仮に土台として必要な骨の部分に何かしらのトラブルが起きれば、骨はインプラントを支えることが出来なくなります。
そして天然の歯と同じ様に、歯周病が重度に進行した場合にも骨はインプラントを支える事ができなくなることがあります。
そのような事を未然に防ぐ為にも定期的なインプラントのメインテナンスが必要となります。

定期検診を受けてメインテナンスすることが大切

咬み合わせは常に一定のものではありません。治療終了後そのまま放置してしまうと、インプラントに過度の負担がかかり、補綴物が破折したり、歯周病が急に進んだりすることがあります
そこで、定期的な咬み合わせのチェックやレントゲンによる診査が重要になります。

また、普段のブラッシングでは落としきれない汚れを歯科医師や歯科衛生士によるプロフェッショナルケアでフォローしていくことや、自宅でのケアが正しく行えるように、ブラッシング指導を受けることも必要になります。

自宅で行うケアもしっかり行う

インプラントを入れたからといって、何か特別なことをしなければいけないわけではありません。
基本的には、天然歯と同じようにしっかり歯磨きをするだけです。 とはいっても、インプラントは人工物ですから、天然歯と違って接合部(境目)があります。その部分は汚れがたまりやすいところであり、また、汚れを落としにくいところでもあります。

そこで、歯ブラシといっしょに歯間ブラシや、デンタルフロスなどを使ってのケアをお勧めいたします。

Categories: 歯科

Tags: ,

Leave A Reply

Your email address will not be published.