予防とPMTC

予防歯科とは

ムシ歯や歯周病は、生活習慣病と呼ばれ毎日のケアが大切です。 とはいってもなかなか時間の取れないときもあるでしょう。
又、注意してケアしていても必ず磨き残しがあるものです。毎日一生懸命磨いて、歯の治療には時間をかけてきたのに歯が悪くなっていくという経験はありませんでしたでしょうか。
3ヵ月に1回程度の定期健診に通われている方のほうが歯の健康状態は、良い状態に保たれています。 そのくらい定期健診は大切なのです。

予防歯科の内容

○子どもの定期検診
子供たちをムシ歯から守るのは、親の役目です。
ムシ歯を削るより進行させないこと、そして予防して行くことが大切です。
3ヵ月に1回程度お子様の定期健診を行い歯のクリーニング(PMTC)、フッ素塗布歯ブラシ指導、そして歯列のチェックを行って下さい。
予防処置は痛みがないので、1歳位のお子様でも安心して受けられます。

○大人の定期検診
ブラッシングでは、落ちない歯垢がある事はご存知ですが、これはバイオフィルムと呼ばれ歯の表面に膜状にこびりついた細菌の塊です。
これが虫歯や歯周病の直接の原因になります。
もし治療が終わられたとしても、3ヵ月に1回定期健診を行い、このバイオフィルムを除去する目的で口の中のクリーニング(PMTC)をする事によりバイ菌をコントロールし、健康な口腔環境を維持していきましょう。

PMTCとは

最近になって、虫歯・歯周病の原因となる歯の表面や歯周ポケット内部に付いている歯垢(プラーク)は、虫歯菌や歯周病菌が作った膜 “バイオフィルム”が原因であることがわかってきました。 バイオフィルムは細菌を包み守っているため、抗生剤などの薬も効果的ではありません。この細菌は、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病、肺炎、胃潰瘍や胃がん、アトピー皮膚炎、リュウマチ、早産などの原因の一部にもなっていると言われています。
そこで、この バイオフィルムを除去する方法が、PMTCです。PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、P プロフェッショナル (歯科医師・歯科衛生士による)、M メカニカル (歯を磨く道具を用いた)、T トゥース(お口の中の)、C クリーニング (お掃除)の意味です。
つまり専門家により、歯の表面に付いているプラーク(歯垢)・着色(茶渋、ヤニ)や歯周ポケットなどの通常の歯ブラシでは取りきれない汚れを除去する方法です。
PMTCの効果として、歯の表面がツルツルして気持ちいいばかりでなく、バイオフィルムを取り除くことにより虫歯菌や歯周病菌を減少させることができ、むし歯の予防・抑制や歯垢汚れを再びつきにくくし、また、歯肉の腫れや痛みを抑えて歯周病を改善させ、歯を長持ちさせることにつながります。
また、歯の表面をきれいにするので、見た目の美しさを向上させます。さらに、フッ素入りジェルを用いることで再石灰化を促進し、歯を強化します。

PMTCは、あくまで予防・軽減させるものですから、PMTCだけでは、むし歯や歯周病は完全には治せません。 しかし、プロのクリーニングによってお口の中の細菌レベルが低くなれば、それだけかかりにくくなります。間隔を決めて定期的に行うことが大切です。

Categories: 歯科

Tags: ,,

Leave A Reply

Your email address will not be published.