インプラント治療の取り組み

歯や口腔は、摂食、咀嚼、嚥下や発音、表情づくりなど、人が生きていく上で大きな役割を果たしている器官であり、口腔の健康は全身の健康にも影響を及ぼすと言われています。
インプラント治療とは、診療費用を全額自己負担する自由診療でありますが、残存歯への負担や侵襲がより少なく、審美的な回復も可能である等の利点から、歯が欠損した場合に生活の質(Quality of life:QOL)を向上させることができる有効な治療法です。

平成16年国民健康・栄養調査結果によると、歯が抜けたところの治療法としてインプラントを装着している人の割合は10.2%にのぼっており、平成20年医療施設調査結果によると、全国の歯科医療機関の21.5%でインプラント治療が行われています。現在ではさらに増えているでしょう。

一方、全国消費生活情報ネットワーク・システムには、歯科インプラント治療により被害を受けたという相談が増加傾向にあります。
相談内容の多くが、治療上生じた問題によって日常生活にまで影響が及んでいるという相談が目立っています。また、訴訟問題にまで発展しているケースも増加しております。
詳しくはこちら
長きに渡ってインプラント治療に携わってきた者として、大変心苦しい状態になっております。

歯科医師も患者さんの立場になって考えれば、「その先生を信頼していいのか」「本当にインプラント治療を受けて大丈夫だろうか」「この先生はきちんとセミナーや学会、講習会等勉強を継続して行っているのか」様々な不安になるのは当然のことでしょう。
実際、半日のセミナーを受け、まだ経験が浅い歯科医師がインプラント治療を始めてしまうというケースもあるのが事実です。
現在日本の歯科大学や学会等でインプラント歯学教育のカリキュラムの見直し、再構築が行われておりますので、今後改善が見込まれています。
しかし、現役の歯科医師のインプラント歯学を学ぶ環境はと考えると更なるツールが必要ではないかと常々考えております。

最新のインプラント治療のコンセンサス(複数の人による合意)を知りたい場合、日本では世界との間にタイムラグが生じてしまうため、海外のセミナーやシンポジウムに参加をしなければなりません。
そのために、医院を休みにし、高い受講料を支払い、患者さんに迷惑をかけながら参加するしか、最新の情報を入手する事はできません。
世界中のインプラントロジストによる、最新の情報を入手し、コンセンサスがとれている技術を患者さんに提供する。
このシンプルな考え方を実際にやろうとすると高いハードルが生じてしまうのが現状です。

私は、ITI (International Team for Implantology)というスイスはバーゼルに本部をおくスタディーグループに所属しております。
簡単に説明しますと、インプラント歯学ならびに関連組織再生の専門家による独立した国際的な学術組織。世界各国の約16,000 名の専門家たちが、ITI のイベントやネットワークを通じて意見交換をし、最適な治療を考え、患者様の利益と健康の向上を目指しています。

そして2014年10月13日より、ITIが新たなサービスを開始致しました。
これまでで最も意義深いオンライン教育サービスであるITI オンライン・アカデミーの提供をスタートしました。

インプラント歯学の専門家のニーズに応えるべく、一から開発された ITI オンライン・アカデミーは、高い意欲と、やりがいのある学習経験を提供するため、エビデンスベースの質の高いコンテンツに加え、柔軟性と使いやすさが融合されています。また、最適化された学習モジュールから構成される、ピア・レビューを経た検証済みの総合的なカリキュラムは、あらゆる経験や知識レベルのユーザーに対応します。講義や臨床の動画、および臨床研究などの多様な教材もモジュールを補い、より専門性の高いラーニング・パスウェイの提供へと繋がります。

これまでのインプラント歯学を学ぶ上での課題であった、時間や距離、タイミング、レベルなど、その歯科医師に応じた研修内容を受ける事が可能になったのです。
テストも受けられ、分からない事があれば、世界中の専門家に質問を投げかけ、意見交換することも可能です。しかも、スマホでもタブレットでも。

このようにインプラントを導入していても常に勉強をし、世界のコンセンサスのとれた治療方法を患者さんに提供できる環境になってきました。
これからインプラント治療をお考えの方は、様々なメディアから得る情報ももちろん加味しながらも、一方でこのように日々研鑽を積み、最新の技術を提供できる、提供をしたいと考えている歯科医師がいるということもお考え下さい。

また、インプラント治療をすでに受けられた方で、何かトラブルが生じてしまった場合、インプラントを受けた歯医者さんとお話をするのは当然ですが、セカンドオピニオンという選択もあります。
その場合でもやはり、日々勉強をしている先生に見てもらう事が大切です。

インプラント治療も日々進化をしています。
ガラケーならぬ、インプラント歯学のガラパゴス化は絶対にさけなければなりません。
私たち歯科医師は、世界基準の治療を常に提供できるよう心がけています。
世界基準の機器は、お金があれば誰でも購入できます。しかし、治療方法・治療技術は、常に進化し、情報をいち早く入手し、コンセンサスのとれた最新の治療方法を患者さんに提供できるよう、インプラントメーカー、スタディーグループと共に、これからも努力していきたいと思います。

Categories: 歯科

Tags: ,,

Leave A Reply

Your email address will not be published.